東京都練馬区にあるドッグトレーニング トリミング ドッグホテル | Lerche(レルヒェ)

Concept

コンセプト

HOME > コンセプト > コンセプト
  • 看板犬たちがお出迎え

    ごあいさつ

    「自分の犬を預けるならこういう場所がいい・・・」
    そんな想いで Lerche(レルヒェ)はできました。

    人と暮らす上でのルール、マナーは人が教えなければ犬は理解できません。
    同じく犬同士での遊び方や接し方も犬に教わらなくてはわからないのです。

    レルヒェでは、飼い主さんと犬とのより良い関係作りのサポートをしております。
    『人間社会は人間が、犬社会は犬が教える』をモットーにしたレルヒェへぜひお越しください。

    外の世界に触れるチャンスは飼い主であるあなたにしか与えられません。
    愛犬と一緒にたくさんの素敵な思い出を作りましょう!

ボランティア活動について

  • NPO法人ペット里親会のボランティアについて

    日本では、年間20万頭以上の犬や猫が殺処分されています。日本の殺処分の方法は、安楽死ではなく、死に至るまでに10分以上かかり想像を絶する苦痛が伴うガスによる窒息死です。その背景には劣悪な環境で繁殖をさせる悪徳ブリーダー、安易に自家繁殖をし飼育しきれなくなる無責任な飼い主が多くいます。

    もし、あなたがこれからペットを飼いたいと考えているなら、ペットショップではなく保護犬や保護猫を家族に迎えることを考えてみませんか?ペット里親会には新しい家族を探している多くの犬や猫たちがいます。

    >>ペット里親会のホームページはこちら

    レルヒェの看板犬、ヨークシャーテリアのめるちもこちらの出身の保護犬です。
    1,3kgと小さすぎるため繁殖に向いていないと放棄されたところをペット里親会にレスキューされました。

    多くの繁殖犬たちは身動きが取れない程の狭いケージに閉じ込められ、最低限の餌と水しか与えられず何年も繁殖させられます。そんな異常な環境で生きてきた子たちの中には、精神的疾患・肉体的疾患を抱えている子もたくさんいます。

    めるちは身体的には健康ですが、同じ場所を行ったり来たり繰り返す「常同行動(常同障害)」を抱えています。
    原因としては、狭いケージの中で長期的に生活させられる・長時間の孤独・少なすぎるスキンシップなどと様々ですが、悪徳ブリーダーのもとにいためるちには全部が当てはまるのでしょう。

    常同行動の中には、手足を舐めたりくるくる回り続けるといった症状もあります。
    これらは心の病気のひとつで、完治するものではありません。
    常同行動を止めたくても、叱ってしまうと逆効果でその症状が悪化することもあります。
    そうなってしまったのは犬のせいではなく、心の病気を発症するほどのストレスを与えてきた人間側にあります。
    どうしたらいいのかわからなくて自分でも止められないその行動を叱らないであげてください。

    脳腫瘍やてんかん、他の病気の可能性もあるのでその場合は動物病院で診察してもらいましょう。

    めるちの場合は健康体なので、日頃の接し方・しつけ・優しい他の犬との
    触れ合いで常同行動は緩和されました。

    シェルター出身の子の中には、運良く五体満足で健康な子もいますが
    身体の病気や心の病気を抱えている子たちが大半です。
    治療、しつけはもちろんですが、その病気すらその子の一部として認めて
    受け入れられる飼い主さんに巡り合えたらと思います。

    もっと多くの方に、「保護犬・保護猫を家族に迎える」
    という選択肢を増やしていただきたいです。


    レルヒェでは、トリミングボランティア・支援物資の募集も行っています。
    フード、トイレシーツ、新聞紙など毎日大量に消費される物や、タオル類、キャリーなど必要な物は様々です。
    ご協力頂ける場合は、ペット里親会のホームページにて必要な支援物資をご覧ください。

  • セラピードックとしても活躍中

    Lerche(レルヒェ)の看板犬たちは福祉施設などに伺い、ボランティアでセラピードックとしても活動しています。
    人に触られるのが好き・セラピードッグの経験をさせてみたいなどなど、参加者も募集しております。
    興味のある方はぜひお声かけください。

  • セラピードック
  • セラピードック
  • セラピードック
  • セラピードック

よくある質問

  • クレジットカードでの支払いはできますか?

    クレジットカードでのお支払いは受け付けておりません。ご了承ください。

  • ノミ・ダニがいた場合はどうなりますか?

    ノミ・ダニのいるワンちゃんは、衛生面からトリミングをお断りしております。
    マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」とは、
    重症化して死亡することもある恐ろしい感染症です。
    飼い犬から飼い主へ感染したという事例もありました。
    ノミ・ダニの時期はフロントラインなどの駆虫薬を必ず使用しましょう。

  • トリミングをする際に予約は必要ですか?

    当店は完全予約制です。予約状況によっては承る事が出来ない場合がございますので早めのご予約をお勧めしております。

  • 初めて利用する際に必要なものはありますか?

    狂犬病予防接種証明書・混合ワクチン証明書・飼い主さまの身分証明書の提示をお願いしております。
    ※更新の際には、毎年証明書をご提示ください。

  • キャンセル料は発生しますか?

    キャンセル料はいただいておりませんが、キャンセルの場合はお早めにご連絡ください。

  • 受付が難しいのはどういう場合ですか?

    ヒート中・体調不良・ノミ・ダニがいる・あまりにも噛み癖が悪いワンちゃんはお断りしております。
    また、闘犬及びその血統の犬種はお断りさせていただきます。
    その他状況によって受付が困難な場合もございますのでご了承ください。